googlec642ff10071141e2.html

気を付けよう!ポスティングを夜にするメリットとデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ちょっとした副業でポスティングという方も多いかと思いますが昼間は忙しくて夜しかポスティングができないという方もあるかと思います。実際、ポスティング業者で夜でもポスティングOKという業者はあまり多くないのではないかと思います。勿論、業者側にも夜に配布する事でのメリットもありますし逆にデメリットもあります。昼と夜での違いについて少しご案内いたします。

1. 夜にポスティングを行うメリットとデメリット

1-1. 多くのマンションに配布ができる

夜にポスティングを行う最大のメリットはやはりマンションが配布しやすいという事かと思います。マンションでは多くの場合が1階に集合ポストがありますので短時間で多くのポスティングを行う事ができます。因みに全戸配布(マンション・長屋・戸建の全ての住宅に配布する)と、マンションだけを配布するのを比べると、全戸配布の場合は1時間にポスティングできる枚数は約300枚前後となりますが、マンションのみの配布であれば約800枚~1000枚程度可能ですので約3倍早く配る事ができますので効率が良い為ポスティング業者としても極力大きなマンションというのは配布したいのが本音です。

但し、昼間にマンションを配布すると大きなマンションであればある程管理人さんがいらっしゃいます。ごく稀にポスティングを許可頂ける場合もありますが殆どの場合断られます(許可を頂けるのは10~20%位)。もし夜にポスティングを行えば24時間常駐のマンション以外は基本的に管理人さんも不在ですので殆どのマンションに配布ができ効率的です。

1-2. 配布がしやすい

夜にポスティングをするもう一つのメリットは配布がしやすいという事です。地域にもよりますが都心であるほど他のポスティング業者がいたり郵便屋さんや宅配業者さんも多くいますので、意外と『ポストの空き待ち』という事が起こります。これもその人によるかと思いますがポスティング業者はやはり郵便屋さん宅配業者さんの優先しますので待ち時間が長くなります。ま

また通常ポストの中身は朝と夕方位しか取り出さないと思いますので、昼にポスティングをするとポスト内は結構一杯だったりしますので入れにくかったり入れられなかったりする場合もあります。夜にポスティングをすると当然ならがポストはほぼ空ですので配布もしやすくまた朝イチでチラシを見てもらえる可能性が高いですので広告主さんにもメリットがある部分かと思います。

1-3. 全戸配布がしづらい

ポスティングを夜に行うデメリットですが、まず最も問題なのは全戸配布がしにくいという事です。全戸配布というのは全ての住宅に配布する事ですが、戸建てや長屋に関しては夜にポスティングはしづらいです。マンションであれば明るいロビーで夜でもポスティングが容易ですが、外灯の明かりでポストを探しながら戸建て・長屋をポスティングするのは困難です。仮に長屋・戸建を配布しないという事であれば大阪市内で商圏の約3~4割の世帯を捨てる、大阪市外であれば長屋・戸建の比率の方が高いので約7割の世帯を捨てるという事になってしまいますので大きなデメリットとなります。

 

1-4. チラシ不要のサインを見落とす

夜にポスティングをするも一つのデメリットは『チラシ不要』のサインを見落としてしまう可能性が高まるという事です。時々チラシを拒否されるお宅にはポストにハッキリと『チラシ不要』と書かれている場合がありますが、やはり夜ですとそれが見づらかったりしますので間違って配布をしてしまう可能性があります。当然ながらクレームにつながる可能性もありますので避けなければいけません。また、間違って投函して万一夜にクレームの電話があったとしても会社として対応ができませんのでチラシを受け取った世帯主さんにも広告主様にもご迷惑をかけてしまいかねません。

 

2. まとめ

ポスティング業者などを使わずに自社でポスティングを行っており、昼間は営業や店舗運営で時間が取れず夜にマンションだけをポスティングするという事であれば可能であると思いますがそれ以外であれば夜にポスティングをする事はデメリットの方が大きいと思います。また、実際に夜(午前2時頃)にポスティングをしている方を見たことがあります。その方は戸建てエリアを一軒一軒きっちりポストを開けて配布をされていたのですがポストを開ける度に音もパカパカ鳴りますし、そもそもポスティングという仕事があるという事を知らずに見れば怪しいとしか思われないとも思いますので個人的にはあまりおススメではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る