googlec642ff10071141e2.html
電話でのお問い合わせはこちら↓↓ 06-7509-2387

ビラ配りの問題解決!よくある質問にお答えします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

初めてビラ配りをする時は『怒られたりしないか?』『どれくらい配布できるか?』などわからないもの。そこで弊社でよくご質問頂きます質問をできる限りまとめさせて頂きましたので、是非お役立て頂ければと思います。

 

Q.一時間でどれくらいのビラ配りができますか?

A.配布するエリアにより異なりますが、ざっくり都心部と郊外部で比較したいと思います。大阪で言いますとビルマンションが多い大阪市内と戸建てが多い大阪市外とで比較すると大阪市内の場合は大体400~600枚くらい、大阪市外ですと200~300枚くらいというのが目安になるかと思います

 

Q.勝手にポストにビラを入れて怒られたりしませんか?

A.ビラ配りをしていると気づくかと思いますがビラを必要としていないお家では大体ポストに『チラシ不要』とか『チラシを入れるな』とか『チラシを入れたらクレームの電話を入れる』とか様々なものがあります。そこを見落としてもしくは無視して配布してしまうと当然ながら怒られます。またチラシを綺麗に入れずにとにかく早く配布する為にクシャクシャになった状態のビラでもお構いなしに配布すると『ゴミを入れるな!』とやはり怒られます。ただ、当然ながらポストにチラシ不要と明記していないお宅でもチラシを入れるとクレームの電話(次からはチラシを入れるな等)がかかってくる事もあります。できる限り怒られる頻度を抑えるという事はできますがやはりビラ配りをしていると少なからずお叱りを頂く事は避けられません。(クレームに関しては詳しくは、クレームにつながる!チラシ投函で絶対してはいけない事6つをご参照下さい)

 

Q.自転車に乗りながら配布できますか?

A.自転車に乗ったままきっちりビラ配りをすることはできません。自転車に乗ったままでは届かないような道路から奥まったところポストがあるケースは非常に多く、自転車に乗っていると乗り降りが大変で歩いて配布する以上に時間がかかります。バイクなどはサイドスタンドがあるので乗り降りの回数が多くてもそこまで苦にはなりませんが、自転車にサイドスタンドを付けたとしてもチラシが重く自転車が軽いのでひっくり返ってしまいますので自転車に乗りながらのビラ配布はおススメできません。

 

Q.何枚くらいのビラを持って配りますか?

A.バイクでの配布を行う場合もありますが、基本的には自転車でチラシを持っていき近くに停めて歩いて配布というパターンとなります。バイクであれば載せれるだけのせればよいですが歩きの場合は限界がります。因みに一般的なチラシの厚みは70~90kgというものでビラの厚みは1,000枚でおおよそ辞典位(7-8cm位)の厚みになります。A4サイズのチラシであればリュックに1,500枚程度が限界かと思います(それ以上持つと重すぎる)。基本的には500枚程度を持って近くを配り終わったら自転車に戻ってチラシを補給して別のエリアに移動というのが最も疲れないかと思います。

 

Q.エリアごとにどれくらいの枚数のビラが撒けるか事前にわかりますか?

A.一番正確なのは国勢調査表となります。配布する町名や丁目ごとに世帯数がわかりますのでその数に90%程度を乗じた数字がおおよそ配布できる枚数となります(ビラを拒否されるお家やマンションもありますので世帯数より少なくなります)。因みに市役所などでも人口調査や世帯数調査表というのがありますがあまり正しくありません(実世帯数より殆どの場合多い)。国勢調査表に基づいた大阪の配布部数表をこちらにアップしておりますのでもしよろしければご参考下さい。

 

Q.夜でも配布できますか?

A.マンションだけであれば配布できないこともありませんが、住人に不信感を与えますので弊社では配布しておりません(弊社としてはスタッフがしっかり配布しているか確認も取れないというデメリットもある為、禁止しております)。ただ、管理人さんが居らっしゃるマンションなどは日中が配布できないですので朝方もしくは夕方に配布する事はあります。また、戸建てなどの配布の場合は街頭程度しかありませんのでポストに『ビラ不要』と書かれていても気づかず投函してしまう可能性が高いのでお勧めできません。

 

Q.ビラのサイズはどれくらいがよいですか?

A.基本的に大きくなればなるほど印刷代は高くなりますし、B4サイズ以上になりますのとそのままポストに投函するのが難しくチラシを折るという作業が増えてきます(印刷業者に頼む場合は別途料金が発生します)。また、ビラの厚みが増しますのでビラ配りの時に持てる量も当然ながら少なくなります。こうなると何度も自転車にビラの補給で戻らなくてはなりませんので作業効率も落ちます。できる限りA4サイズまでで抑えるのが効果的かと思います。

 

Q.ビラの配布は業者に頼むこともできますか?またいくらくらいですか?

A.はい、当然できます。金額はエリアやチラシサイズ、配布部数やセグメントにより大きく異なりますが大体一枚2円~5円程度となります。弊社料金表はこちら

 

Q.反響はどれくらいありますか?

A.業種によります。数百分の1の反響から1万分の1の反響まで業種により大きく異なります。また、これは実際によくある事ですが同じ業種のチラシ(例えば塾)でもA塾は500分の1でしたがB塾は5000分の1でしたという事もあります。チラシの出来栄えもとても重要ですのでとりあえず配ればよいという考えではなく作りこみが必要です。

 

Q.ビラは折った方がよいですか?

A.A4サイズより大きい場合は折らないとポストに綺麗に入れることができませんので折った方がよいです。A4以下サイズの場合は費用もかかる事ですから特に折る必要はないと思います。また折りを付けたことによる反響率の違いについては明確なものが無く、実際毎月ビラ配りをさせて頂いている(ビラでの反響で新規を獲得している)お客様はA4以下サイズで折りを付けているケースはありませんので特に明確な効果はないかと思います。

 

Q.ビラ配りを業者に頼む場合はどうすればよいですか?

A.配布したいエリアを対応している業者2-3社から見積もりを取ることをお勧めします。その際、チラシサイズ・配布エリア・配布部数位は事前にお決め頂く必要があります。

 

Q.配布したいエリアの地図は買う必要がありますか?

A.地図を見るのは紙派という方もいるかと思いますが、ビラ配りを継続的に行うのであれば紙媒体よりもスマホを利用する方が遥かに効率的です。といもの紙はいちいち広げて見ないと分かりませんので何度も見る必要がある場合は結構時間を取られます。スマホであれば一瞬で現在地やどこを配布したかもGPSアプリなどを利用すれば簡単にわかります(GPSアプリなどについては利用しないと損!ポスティングでの便利な地図アプリをご参照下さい)。またどうしても紙が良いのだ!という方にもマピオンという地図印刷サイトがありますので拡大地図を簡単に印刷して使用できます。

 

Q.配布するエリアはどうやって決めればよいですか?

A.基本的には店舗周辺エリアを配布するのがベストです。あとは既存のお客様の住所がわかるのであれば、どのエリアから来てくれているのが最も多いのかを調べてそのエリアを中心に配布するのが良いでしょう。配布枚数については業種などによっても変わりますが大よそ店舗周辺5千~2万部というのが多いです(配布部数についてはポスティングご依頼の多い業種と配布部数をご参照下さい)。

1. まとめ

以上が実際に弊社にビラ配りのご依頼を下さるお客様からのよくあるご質問となります。基本的にビラ配りを自社で行う事は勿論可能ですし、無料のチラシテンプレートなどもネット上にはあふれていますのでそれらを利用する事で簡単に無料でチラシ作成を行う事も可能ですので、店舗を立ち上げたばかりなどで時間はたっぷりあるという場合などは是非チャレンジしてみて下さい。どうしてもビラ配りの時間が取れなくなってきましたら、その際は弊社の事を思い出して頂ければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

簡単30秒!大阪でのポスティングシミュレーション

以下を入力するだけでポスティング費用がすぐに分かります。是非ご利用下さい。

①配布をしたいと考えているエリア

②チラシのサイズ

③配布予定の枚数

※基本料金は全戸配布(戸建・長屋・マンションの全ての住宅へ配布)となっております。戸建限定やマンション限定などの場合はオプションにてお選び下さい。

 

 


見積もりシミュレーション