googlec642ff10071141e2.html

2015年 5月 の投稿一覧

チラシ配りの効果VSホームページ効果

チラシ配りの効果はあるのか?とチラシを配る前には思うものですが、この答えは実はとてもとても簡単です。100%効果はあります。但し、当然ながら条件があり、『良いチラシであれば』という事になります。これはチラシで考えるからちょっとぼやけてしまうのですが、インターネットのホームページで考えてみるととても分かり易いです。

続きを読む

チラシをエクセルで作成するのはおススメできない

時々『何でチラシを作ってますか、エクセル・ワードしか使えないのですが大丈夫ですか?』という事を聞かれることもありますがやはりチラシで集客を考えていくのであればパワーポイントでの作成をお勧めします。本当はイラストレーターが使えた方が良いのですが、少し専門的ですのでしっかり勉強して使わないと時間がいくらあっても足りません。

続きを読む

チラシ(折り込みチラシ)は英語でflyerもしくはflier

チラシ(折り込みチラシ)を英語で言うと何なのか?いくつか言い方と細かいニュアンスの違いがありますのでご参考まで。

①flyer(flier):チラシ・ビラ(一般的に言うチラシはコレ)

②newspaper flyer(flier):折り込みチラシ(だが、多くの諸外国では折り込みチラシ自体が無い)

③handbil:(手渡しで配る)チラシ・ビラ

④leaflet:チラシ広告・折込広告(役所など公共的なチラシが強い)

以外にも多数言い方は組み合わせでそれぞれ

⑤advertising catalog:広告チラシ

⑥advertising literature:広告チラシ

同じ業種なのになぜ!?反響のあるチラシと無いチラシ

毎月本当に色々な種類のチラシを配布させて頂いておりますが、どうしても同じ業種でも反響のあるチラシと無いチラシがあります。その反響差は5倍~10倍程にも違います。当然ながら同じチラシを撒くのであれば反響が良い方が決まっていますので、ある程度反響が良いチラシと良くないチラシを比較しながらご紹介をさせて頂きたいと思います。

続きを読む

使い分けが重要!新聞折込とポスティングの違い

チラシで集客を行うとなると新聞折込かポスティングになりますが、この両者は似ているようでその性質は大きく違います。配布するチラシの業種や配布を予定している期間、もしくは配布の対象エリアにより新聞折込なのかポスティングなのかを決めるべきです。

続きを読む

業者により配布費用は2倍!大阪で上手にポスティングする方法

いざ大阪でポスティングをしようと思った時にHPなどでポスティング業者をさがすと思います。ただ、何度かポスティング業者にチラシの配布を依頼された事がある方はおわかりかもしれませんが残念ながら業者はピンキリでサービスの良し悪しやポスティング費用の違いなど様々です。当然ながらチラシ配布についてはできるだけ安い価格でできるだけ多くの反響を得たいものです。そこで大阪でポスティング業者を選ぶ際の幾つかのポイントを業者の立場に立ってご紹介させて頂きます。

続きを読む

ポスティングチラシの反響率をアップさせる方法

ポスティングチラシで最も気になる事は反響率。これは言わずもがなです。できるだけ高い反響率を取りたいところです。ただ、一概にこの業種ならこれくらいの反響率という事が非常に難しいのです。理由は簡単、それは同じ業種であってもポスティングチラシの反響率は実に10倍程度は簡単に違ってくるからなのです。

続きを読む