googlec642ff10071141e2.html

2015年 7月 の投稿一覧

ポスティングの意味

弊社では主にお店のチラシをそのお店の方に代ってポスティングをさせて頂いているのですが、そもそもポスティングってどういう意味?と思われる方も居るかもしれません。ポスティングとはチラシをポストに投函させて頂く事を意味します。つまり皆様のお店や企業のチラシを本業で忙しい皆様に代って各戸建てやマンション、長屋などに投函させて頂くサービスとなります。

続きを読む

似て全く非なる物!ポスティングとビラ配りの効果とやり方

ポスティングとよく比べられるものとしてビラ配りがあります。ポスティングが家にチラシを配るのに対して、ビラ配りは人にチラシを配ります。ポスティングと比べてビラ配りの効果はどうでしょうか?という質問を受ける事がありますが、この2つは似ていますが全く別物でそのやり方や効果も大きく異なります。少しご紹介させて頂きます。

続きを読む

実はお金を掛けないという事!集客の意味とは

よく営業では『どうやって集客をするか?』という話があります。インターネットかチラシか口コミかイベントか紹介か・・・色々と集客する方法はあるかと思います。この様な感じで基本的に集客の意味をとらえる時には『いかにしてお客さんを集める=集客』と考えるかと思います。但し、集客の意味を実際に辞書で調べてみるとどれにも2つの意味が載っています。1つは今言った『客を集める事』、そしてももう一つは『客が集まる事』です。

続きを読む

誰でも簡単!効果的なビラ配りのコツ

ビラ配りには多少のコツ(というか基本的には体力勝負ですが)があるものの、基本的に誰でもできますし効果も十分に期待ができます。もしお店を経営されて新規顧客が不十分であれば外注を依頼をかけるのも良いですが、空いてる時間があるならばビラ配りをする事を強くお勧めしたいと思います。ビラ配りというのは基本的に店舗近くのエリアに集中的に行えるので顧客見込み対象のみに経営資源を集中できるのがメリットです。

続きを読む

手作りチラシの良さと悪さ

最近では手作りチラシが非常に多くなっています。以前はデザイン会社とチラシをどんな作りにするのかを入念に打ち合わせて、仮のデザインを見てはあーでもないこーでもないと言いながら仕上げていくのが一般的でしたが、これだと費用と時間が非常にかかってしまう事から徐々に減ってきており、弊社で配布させて頂いているチラシを見ても半分くらいは自社の手作りチラシになっているように思います。

続きを読む

営業マンが居なくてもOK!おススメの営業方法5つ

色々な営業方法がありますが一体どの方法が最も簡単で、最も効果的で且つ最も安く上がるのでしょうか?弊社はポスティングをメインとして集客のお手伝いをさせて頂いておりますがやはり全てに対してマルチな営業方法とは言えず、業種によってもしくは対象顧客によってベストの営業方法は異なります。ポスティングサービスと比較しながら各種の営業方法についてのメリット・デメリットについて考えてみたいと思います。

続きを読む

ポスティングで大切な報告書

残念ながら『チラシが捨てられていた』という話も聞きます。理由は明白、『配布されていたかどうかの確認が非常にしにくい』という点にあります。例えば、1万枚を2週間で配布する場合にあるポスティング業者では終わった後に完了報告を出すのみという場合があります。これでは配布してもらったエリアに従業員や知り合いが住んでいない限りは配布確認のとりようもありません。最低でも1週間に1度、できれば2-3日に1度は進捗状況を記した報告書をもらえる方が良いでしょう。出来る限りマメに報告をくれる業者は裏を返せば『チェックされても全然問題ない』という事ですから信用度は高いと言えます。

 

実をいうと弊社においては現在報告書は進捗状況報告書と完了報告書の2パターンを提出させて頂いているのですが、進捗報告は5日毎、完了報告は基本的にポスティングが完了した翌日中に提出をさせて頂いております。これはあくまで最低レベルだと思います少なくともこれくらいの報告がある業者、中には毎日報告を行っているポスティング業者もあるとの事ですのでそのような業者を選ばれることをお勧めします。

ポスティングで1時間に配布できる枚数は?

ポスティングをする際に弊社の様な外注業者に任せる方もいるかと思いますが、時間的余裕があればご自身で配布されるもしくは自社のスタッフで配布をされるケースもあるかと思います。では実際ポスティングを行うと大体どれくらいの枚数が配布できる物なのかポスティング配布スピードの目安についてご紹介します。因みに私もポスティング業者を始めた当初は時間だけはびっくりするくらいありましたので毎日一日12時間以上歩いて配布をさせて頂いておりました(最高で一日37キロ歩いて配布してました)。その経験も踏まえてご案内させて頂ければと思います。

続きを読む

ポスティングしたいエリアは指定できますか?

ポスティングと新聞折込の大きな違いの一つですが、ポスティングについては基本的に丁目まで指定する事ができます。例えば細かく言うと、A町の1-3丁目、B町の2-5丁目、C町の全部、D町の6-9丁目などピンポイントでチラシを配布する事ができるので重点エリアに集中して集客活動を行う事ができます。

続きを読む

ポスティングでクレームはありますか?

ポスティングでのクレームは非常に少ないですが残念ながらゼロではありません。クレームの多くは『チラシを入れないで』というものですので、ポストに『チラシ不要』や『チラシ投函不可』などと書かれたお家には入れないように徹底しておりますが、稀にポストには何も書いて無くても『勝手にチラシの投函をするのをやめてくれ』というクレームを頂く場合もあります。

続きを読む

ポスティング反響率を上げる為に配布曜日でのコツは?

ポスティングの反響率を上げる為のちょっとしたコツですが曜日を選ぶという事もその一つです。これは新聞を購読されている方ならすぐに分かると思いますが曜日によってチラシを見る割合が違う事がはっきりと統計で出ており、新聞でも折込チラシが多い土曜日と日曜日には広告類を見る可能性が高くなっています。

続きを読む

1枚配布と複数枚配布ではどちらが反響が良い?

ポスティングには依頼されたチラシ1枚のみを配布する単配と他社チラシと抱き合わせで2枚以上を配布する併配とがあります。どちらが反響率が良いかと問われれば単配の方が良いかとは思います。が!実際にどれくらい良いのか?と明確な数字で問われると恐らくどのポスティング業者も正確な答えは持っていないと思います。

続きを読む

ポスティングを行う上でのコツは?

ポスティングを行う最大の目的は『反響を得る事』に尽きるかと思いますが、反響を得る為には大切な事はしっかりとした作りのチラシを作成し、かつしっかりとした業者に配布を依頼する事の2点となります。

続きを読む

ポスティングの反響率はどれくらい?

ポスティングの一般的な反響率は販売単価で概ね決まります。ピザなどの数千円の商品であれば概ね数百分の1、リフォームなどの数十万円の商品になると数千分の1程度、不動産などになるとやはり数千~1万分の1という所です。但し、申し上げた通り一般的な反響率となりますので同じ塾のチラシでもA社は1000分の1なのに、B社は5000分の1という事もザラにあります。

続きを読む

ポスティングのメリットは?

ポスティングのメリットを考える時によく比較されるのが新聞の折り込みとなります。両社ともチラシを配布するという事では同じですが、ポスティングは直接ポストに投函していくのに対して、折込は新聞にチラシを挟み込んで配布するというやり方になります。それぞれメリットとデメリットがありますので比較してみると以下の様になります。

続きを読む