googlec642ff10071141e2.html

2018年 10月 の投稿一覧

徒歩でポスティングすると何キロ位歩く必要があるのか?

ポスティングをする際は基本的に徒歩が多いですが実際どれくらいの枚数を配布すれば幾ら位になって、何キロ位歩かなければいけないのか気になる所です。マンションばかりの都会エリアと戸建てばかりもしくは家と家の間が多少離れている郊外などで違いはありますが大よその目安にはなるかと思いますのでご参考下さい。

続きを読む

ポスティングはめちゃ大変です!がこんな人には向いてます

ポスティングは楽か大変かと問われれば、めちゃめちゃ大変です。慣れてくれば多少はマシにはなりますが楽になる事はない(と思います)。ただ肉体的には大変なのですが人によっては向いている業務でもあるのも事実です。そこでこんな方には向いている事と業務の内容について少しご案内いたします。

 

1. ポスティングは肉体的にはめちゃ大変

どれくらポスティングで稼ぎたいかという事にもよりますが例えば月に20万円程度は稼ぎたいという場合はエリアによって多少の違いはあるものの通常1日丸々8時間程度はポスティングする必要があるかと思います。通常ポスティングを歩いて行う場合はポスト前で立ち止まったりしますので時速2.5キロ~3キロ位ですので一日で20キロ程度歩くという計算になります。しかもただ歩くだけではなくチラシを持ったまま歩くので2-3キロの重りを付けて歩くのと同じなのでその大変さが想像できるかと思います。また、気候の良い春秋ならまだしも、冬場や夏場はより一層その大変さが増します。

 

2. こんな人にはポスティングが向いている

ポスティングは確かに大変なのですが一方で多くの方がポスティングされているのも事実です。ガッツリ稼ごうと思うと大変なポスティングにも多少メリットもありこんな方には向いています。

2-1. 人と接するのが面倒だという方

所属するポスティング会社にもよりますが基本的に一人で配布する事が多いですので他人の事を全く考える必要がありません。

2-2. 時間に縛られる事がない

時間給の方は別ですが、通常は業務委託で出来高制というのが多いですので自分の空き時間などを調整して好きな時間に働き、また終了する事ができます。

2-3. 1か月の休暇なども取りやすい

ちょっと小旅行などで数週間の休みを取るといった場合でも多くのポスティング会社では問題なく休みがとれるかと思いますので毎年定期的な旅行を計画されているのであればよいかもしれません。

2-4. 出社する必要がない(直行直帰ができる)

チラシを会社まで取りに行かなければならない場合もありますが自宅までチラシを配送してくれる場合も多いので、そのチラシを自宅から直接配布しに行き、配布が終われば帰宅するという直行直帰のパターンも多いです。

 

3. まとめ

ポスティングはガッツリ働く場合は大変なのですが、逆にそこそこに働く(小遣い稼ぎ程度)であれば働きやすい環境とも言えます(但しポスティング業者によってその業務内容はマチマチな部分もありますので始める前に十分に確認しましょう)。配布しなければならない枚数が毎月決まっている場合(ノルマのようなものがある場合)は大変な部分が多いかと思いますのであまりお勧めとは個人的には言えません。

大阪のポスティング部数表はこちら

ポスティング単価表はこちら

原付ならポスティングで月20万円十分稼げます

一般的には歩いてポスティングする事が多いのですが、原付でも十分ポスティングは可能です。むしろ長期にわたってポスティングをする、もしくはガッツリポスティングで稼ぎたい!という事であれば年齢などにもよるかと思いますが個人的には歩きよりも原付の方がベターです。実際、弊社でも月20万円以上稼がれる方もいらっしゃいますが半数位は原付でのポスティングです。

続きを読む

格安ポスティングは質が良くない?それは嘘です

弊社はお問合せなど頂く際にちょくちょく「他と比べると安いですね」という事を言って頂きます。恐らく一般的なポスティングの相場から考えると安い部類に入るのかと思います。勿論、ある程度同業他社さんの料金なども見たりしますが「業界最安値を狙ってやろう」とか「あそこの業者より安くしてやろう」という考えはありません。あくまで自社でコストから採算ラインを出してめいっぱい価格競争力が出せる料金設定にしております。ただ、残念ながら他と比べて安いと逆に不安に思われる事もあるようで「他より格安だけどちゃんとポスティングしてくれるの?」というお声も頂いたりすることもありなんとも歯がゆくもありますのでちょっとポスティング料金についてご説明させて頂きたいと思います。

続きを読む

得意じゃないけど安くて良いチラシを作成したい方へ

自社にチラシ作成ができる(イラストレーター等を駆使できる)スタッフやご自身が作成できる、もしくは予算は湯水のごとくあるのでデザイン会社に依頼してチラシ作成ができる!という方には何の役にも立ちません。チラシ作成の技術があまりなく、尚且つできるだけ良い出来栄えのチラシを少ない予算で作成したいという方へ私が知りうる2つの方法をご案内させて頂きたいと思います。

続きを読む

大阪で塗装チラシの格安ポスティング

弊社では格安ポスティングサービスとして「お任せ配布」というものがございます。これは通常のポスティングが例えばA市の〇〇町周辺に配布したい等、配布エリアを指定できるのに対して、お任せ配布は他のご依頼頂いているチラシと一緒に配布させて頂くのでエリア指定が行えない代わりに格安にて配布させて頂くというサービスとなります。このお任せ配布にも全戸配布(全ての住宅に配布させて頂きます)と戸建て限定配布があり、全社は引っ越しや買取、後者は塗装やリフォームなどが多く非常にお得なサービスとなっております。お任せ配布については「チラシのポスト投函は格安の@1.3円~」をご参照ください。

続きを読む

やるなら効果的に!ポスティングのコツをまとめてみました

今はスタッフも増えての管理の方がメインとなり、ポスティングをする事は少なくなりましたが数年間はほぼ毎日(360日位)12時間程度(長い時は1日で15時間くらい)ポスティングをしていました

当時はほぼ歩いて配布していましたので30km~35km程度を行ったり来たりして配布しておりましたので常に思っていたのは「どうやったら反響出やすいんやろか?」「早く撒くにはどうしたらいいんやろか?」「この場合は配布しても大丈夫なんかな?」とか・・・とにかく時間はめちゃくちゃありましたのでチラシの事だけ日がな考えておりました。

そこでポスティングをこれからしよう!もしくは「やってるけどあんまり反響がないな~」という方にちょっとしたコツをお伝えできればと思っております。

続きを読む

チラシ不要とあるポストに投函すると時々悲惨な目にあいます

基本的に弊社ではポストにチラシ不要と明記していればチラシの投函は行いません。ただ、ポスティングを長時間しているとうっかりミスで入れてしまったり、明記されている文字が小さくて見落としてしまったり、もしくは時々ポストではなく門扉の方に『チラシ不要』と書かれていて投函後に気づいたりという事もあります。私も実際誤って配布し悲惨な目にあったことがありますのでくれぐれもご注意を。

続きを読む

ポスティングを外注してうまくいく場合、いかない場合

ポスティング屋の私が「ポスティングは外注で良い」と言ったところで・・・という話ですが、ある程度お客さんが付いてきてバタバタしだしたらやはりポスティングはご自身でやるよりも外注をお勧めします。ただ、外注して頂くのは勿論ポスティングを生業にしていますので嬉しいに決まっていますが、忙しいと丸投げに近くなってしまいますがそれは良くない(というか絶対やめた方が良い)です。

続きを読む

阿倍野・東成方面にて介護スタッフ募集チラシ配布中

今週・来週にかけて東成区・阿倍野・生野周辺にて介護の求人チラシ4万部をポスティング中。気候的に一年で最も配布がしやすく、また台風もおさまり非常に天候が安定してきましたのでスケジュールも順調です。

大手介護業様なので大規模な説明会も行う予定なので天候でスケジュールが遅れるワケにもいきませんので雨だけが心配でしたらこの陽気。有り難い。

今回はスケジュール通りとてもうまくいきましたが、雨が続いたりするとスケジュールが遅れ気味なるのはポスティングの宿命。雨の中配布をしてもチラシが濡れて反響も落ちますので、基本的に雨の日は配布を致しません。どうしてもスケジュールが厳しい場合は雨でチラシが濡れないマンションのみ配布。

皆様ももしポスティングをご依頼する事がございましたら雨シーズンなどは少しお早めにご依頼した方が無難です。

自転車でのポスティングは歩きより遅いのでメリット無し

ポスティングのご応募を頂く際に初めてポスティングをされる方からはよく「ポスティングは自転車でもできるんですか?」と聞かれますが基本的にポスティングは歩きもしくはバイクとなり、自転車でのポスティングは勿論不可能ではありませんがメリットがほぼゼロです。

続きを読む

ポスティングの掛け持ちで収入アップする人しない人

弊社もよくポスティング応募の方から「他でもポスティングしているのですが御社でも配布可能ですか?」というお電話を頂きます。他社の事はよく知りませんがポスティングの掛け持ちは全然可能ですし、弊社でも何人かは実際に掛け持ちでやっています。掛け持ちは所属するポスティング業者によっては良い事もありますし特にメリットにならない事もありますので入った後にでもどちらが大きなメリット生むのか考えることをお勧めします。

続きを読む