googlec642ff10071141e2.html

ポスティングその他

大阪市東住吉区にて不動産チラシのポスティング

現在、大阪市東住吉区及び住吉区エリアにて不動産の買い取りチラシをポスティングさせて頂いております。不動産の買い取りのチラシもよく配布をさせて頂くのですが、大阪市内よりも八尾市などの郊外の方が比較的多くなっています。買い取りになりますと当然ながら対象が戸建中心となりますので大阪市内はマンションが多いので不向きになります。

ただ、今回配布をさせて頂いている住吉区や東住吉区などの大阪市南部エリアは大阪市北部エリアと比べて比較的戸建や長屋が多く不動産売買の対象となり易いのが特徴です。因みに東住吉区は全世帯の約49%が戸建・長屋、住吉区は約33%となっており、東淀川区が約22%・福島区約27%と比べると顕著になっております。

これは裏を返すと不動産買い取りに関して大阪市内で全戸配布でポスティングを行うとかなりのチラシが本来対象ではないマンションに配布されている状態となり、チラシが無駄になる可能性が高いともいえます。因みに東淀川区で1万部を全戸配布とした場合と戸建て配布をした場合の平均的なコストは以下の通りとなります。

■全戸配布の場合:1万部x(@2.8円(全戸配布の単価)+@1.5円(チラシ代))=43,000円

■戸建配布の場合:2200部x(@5.8円(戸建配布の単価)+@1.5円(チラシ代)=16,060円

如何でしょうか?戸建限定配布の方が単価は当然高くはなりますが、結果としてはコストは安く済みます。勿論、マンションに配布した場合でも分譲マンションであれば不動産買い取りの対象になる事はあります。ただ、それを考えても2倍程度のコストがかかると考えられます。大阪市内のような共同住宅が多い場合は、ポスティングの単価に惑わされずに全体のコストがいくらになるのかを考えて選ぶ事を考えましょう。ポスティングをお考えの際、自社周辺のエリアでどれくらいの枚数が配布できるのかについては市区丁別にて配布可能枚数を表記させて頂いておりますので部数表をご参照下さい。

 

※現在のポスティング対応エリア:

◆大阪府下:東大阪市・柏原市・藤井寺市・羽曳野市・八尾市・松原市・大阪狭山市・大東市・門真市・守口市

◆大阪市:平野区・住吉区・東住吉区・生野区・阿倍野区・天王寺区・西成区・住之江区・東成区・城東区・鶴見区

◆堺市:北区・堺区・東区・中区・西区・南区・美原区、その他の大阪エリアでのポスティングもお気軽にお問合せ下さい

ホームページ制作会社で相談した結果出した答え

どんな企業でも今やホームページは必須となっており、大企業だけでなく町の店舗などでもホームページを持っているケースが少なくありません。恐らく多くの企業がホームページ制作会社に相談した事もあるかと思います。弊社も同じように相談をした事がありますし、新規顧客の殆どがホームページからの問合せとなっているのが現状ですので必ずホームページは持つべきだと考えます。ただ、結果からいうと制作については相談だけで終わり、外注せずに自分で制作する事としました。 続きを読む

チラシ(折り込みチラシ)は英語でflyerもしくはflier

チラシ(折り込みチラシ)を英語で言うと何なのか?いくつか言い方と細かいニュアンスの違いがありますのでご参考まで。

①flyer(flier):チラシ・ビラ(一般的に言うチラシはコレ)

②newspaper flyer(flier):折り込みチラシ(だが、多くの諸外国では折り込みチラシ自体が無い)

③handbil:(手渡しで配る)チラシ・ビラ

④leaflet:チラシ広告・折込広告(役所など公共的なチラシが強い)

以外にも多数言い方は組み合わせでそれぞれ

⑤advertising catalog:広告チラシ

⑥advertising literature:広告チラシ

大阪府下のポスティング世帯数表

弊社ポスティング対応エリアの世帯数表は以下からご覧頂けます。ご活用下さい。

※注1:配布数の目安は右端欄の黄色のハイライト(全世帯数の80%)を目処にご注文下さい(ポストが無い家、チラシお断りの家、マンション等で配布不可の家などがある為)。

※同世帯数表は国勢調査がベースとなっております。

 

《大阪府下(大阪市外)の世帯数表》

■羽曳野市エリア世帯数表

■藤井寺市エリア世帯数表

■八尾市市エリア世帯数表

■松原市エリア世帯数表

■東大阪市エリア世帯数表

■柏原市エリア世帯数表