googlec642ff10071141e2.html

よくあるご質問

ポスティングご依頼の多い業種と配布部数

ポスティングでよくある質問の一つですがどれくらい配布するのが妥当なのか?というお声があります。業種によって配布枚数もマチマチですのでよくお請けをさせて頂いている業種別にどれくらいの配布部数が多いのかをまとめてみましたのでご参考にして頂ければ幸いです。

続きを読む

ポスティングでよくある質問

ポスティングを行う上でよく頂くご質問をまとめてみましたのでご参考下さい。

1. ポスティングする部数はどれくらいが良いですか?

⇒業種などにもよりますが店舗への来店を促すものであれば最も多いのは1万部前後となります。余り遠くへ撒いても来店を促すのは難しいので少なくて5000部、多くても3万部程度となっています。

続きを読む

ポスティング料金の相場と仕組み

ポスティングの料金はどこも同じだろうと思うと思わぬ損をします。ハッキリ言ってめちゃ違います。10~20%なら会社によって違う場合もありますが50%や下手すると2倍も料金が違うという事さえあります。大阪でのポスティング料金の相場とその仕組みについてご紹介いたします。

続きを読む

堺市東区でポスティングするなら効果的なエリアはココ

堺市東区でポスティングをする際にどこに配布すれば最も効果的なのか悩むところ。あらゆる世代の方に受け入れられる商品やサービスであればどこに撒いても良い反響が得られるかもしれませんが殆どの場合は核となるターゲット層というのは変わってきます。そこで、東区ならどこにより自社のターゲット層が多いのかがわかるように以下絞ってみましたのでご参考下さいませ。

【堺市東区の基本データ】

 人口総数   世帯数   0-4歳   5-9歳   10-14歳   15-19歳   20-29歳   30-39歳 
 85,133  34,723  3,503  3,847  3,893  4,007  7,641  9,960
 40-49歳   50-59歳   60-69歳   70-79歳   80-89歳   90-99歳   100歳以上 
 12,686  9,455  12,548  11,234  5,081  917  31

 

続きを読む

ポスティングで大切な報告書

残念ながら『チラシが捨てられていた』という話も聞きます。理由は明白、『配布されていたかどうかの確認が非常にしにくい』という点にあります。例えば、1万枚を2週間で配布する場合にあるポスティング業者では終わった後に完了報告を出すのみという場合があります。これでは配布してもらったエリアに従業員や知り合いが住んでいない限りは配布確認のとりようもありません。最低でも1週間に1度、できれば2-3日に1度は進捗状況を記した報告書をもらえる方が良いでしょう。出来る限りマメに報告をくれる業者は裏を返せば『チェックされても全然問題ない』という事ですから信用度は高いと言えます。

 

実をいうと弊社においては現在報告書は進捗状況報告書と完了報告書の2パターンを提出させて頂いているのですが、進捗報告は5日毎、完了報告は基本的にポスティングが完了した翌日中に提出をさせて頂いております。これはあくまで最低レベルだと思います少なくともこれくらいの報告がある業者、中には毎日報告を行っているポスティング業者もあるとの事ですのでそのような業者を選ばれることをお勧めします。

ポスティングしたいエリアは指定できますか?

ポスティングと新聞折込の大きな違いの一つですが、ポスティングについては基本的に丁目まで指定する事ができます。例えば細かく言うと、A町の1-3丁目、B町の2-5丁目、C町の全部、D町の6-9丁目などピンポイントでチラシを配布する事ができるので重点エリアに集中して集客活動を行う事ができます。

続きを読む

ポスティングでクレームはありますか?

ポスティングでのクレームは非常に少ないですが残念ながらゼロではありません。クレームの多くは『チラシを入れないで』というものですので、ポストに『チラシ不要』や『チラシ投函不可』などと書かれたお家には入れないように徹底しておりますが、稀にポストには何も書いて無くても『勝手にチラシの投函をするのをやめてくれ』というクレームを頂く場合もあります。

続きを読む

ポスティング反響率を上げる為に配布曜日でのコツは?

ポスティングの反響率を上げる為のちょっとしたコツですが曜日を選ぶという事もその一つです。これは新聞を購読されている方ならすぐに分かると思いますが曜日によってチラシを見る割合が違う事がはっきりと統計で出ており、新聞でも折込チラシが多い土曜日と日曜日には広告類を見る可能性が高くなっています。

続きを読む

1枚配布と複数枚配布ではどちらが反響が良い?

ポスティングには依頼されたチラシ1枚のみを配布する単配と他社チラシと抱き合わせで2枚以上を配布する併配とがあります。どちらが反響率が良いかと問われれば単配の方が良いかとは思います。が!実際にどれくらい良いのか?と明確な数字で問われると恐らくどのポスティング業者も正確な答えは持っていないと思います。

続きを読む

ポスティングを行う上でのコツは?

ポスティングを行う最大の目的は『反響を得る事』に尽きるかと思いますが、反響を得る為には大切な事はしっかりとした作りのチラシを作成し、かつしっかりとした業者に配布を依頼する事の2点となります。

続きを読む

ポスティングの反響率はどれくらい?

ポスティングの一般的な反響率は販売単価で概ね決まります。ピザなどの数千円の商品であれば概ね数百分の1、リフォームなどの数十万円の商品になると数千分の1程度、不動産などになるとやはり数千~1万分の1という所です。但し、申し上げた通り一般的な反響率となりますので同じ塾のチラシでもA社は1000分の1なのに、B社は5000分の1という事もザラにあります。

続きを読む

ポスティングのメリットは?

ポスティングのメリットを考える時によく比較されるのが新聞の折り込みとなります。両社ともチラシを配布するという事では同じですが、ポスティングは直接ポストに投函していくのに対して、折込は新聞にチラシを挟み込んで配布するというやり方になります。それぞれメリットとデメリットがありますので比較してみると以下の様になります。

続きを読む

自分でポスティングするコツ

お店をオープンしてしばらくはご自身でも十分にポスティングをする時間をとれる場合もあるかと思います。ポスティングは基本的にチラシを配布するだけですので、当然誰でも可能です。コストを最大限抑える事もできますのでおススメです。ただ、ポスティングを自分で行う時に気を付けたいのが効率性です。恐らくどれだけ地図を見るのに長けていてもやはり最初のうちはポスティングにそれなりに時間がかかってしまいます。

続きを読む

ポスティングする枚数はどのように決めますか?

ポスティングをする時の枚数決めには国勢調査などの世帯数を参考にする事が多いです。但し、国勢調査で出ている世帯数の実数そのままがポスティングができる世帯数かというとそうではありません。例えばA市の世帯数が10万世帯とすると全戸配布だと10万枚かというとそうではありません。実際にはポストがチラシや郵便物などで一杯で使用できないケース、そもそもポストが設置されていないケース、チラシ投函を拒否されているケース等様々な要因でポスティングができない世帯も少なからずあるからです。ですので大よそ実際にポスティングができる配布部数というのは国勢調査の世帯数x80%~90%となります。

続きを読む