googlec642ff10071141e2.html

おすすめのポスティング業者を選ぶ簡単な4パターン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

食べ物屋さんなどは評価サイトが多いので口コミなどで判断しやすいですがポスティング業者を選ぶとなると中々難しいです。仮に私自身が大阪以外でおすすめのポスティング業者を選べと言われてもやはり正直よく分かりません。そこで仮に自分が業者を選ぶ立場ならどこをポイントに置くかと、なぜそこにポイントを置くかをご紹介しながらおすすめのポスティング業者選びのご参考にして頂ければと思います。

私が言うのも何ですがおそらくポスティング業者によってチラシの反響率は結構変わってくると思います。実際、色々な業者で何度もポスティングを依頼されている方などから初めてお問合せを頂く際は度々「前使ったとこは全然あかんかった」とか「配布ちゃんとしてもらえる?」などハッキリと言われますのでやはり業者選びというのはとっても重要です。でも業者を探そうと思うとどこも「良い事ばかりを書いているHP」を参考にするしかありませんのであまり違いが見出せませんが業者選びにはおススメの見るポイントというのは明確にあります。

 

1. HPに載っている単価を見比べる

私がおススメするポスティング業者の見つけ方その1はまずは何よりポスティング単価を見比べます。殆どのポスティング業者がHPに単価を掲載しているのでまずはそれを見比べてましょう。見てみるとわかりますが業者によって結構単価がマチマチだったりします。普通は商品やホテルなどのサービスは高いほど良いという事が言えますが、ポスティングに関して言うとあまりイコールというイメージは個人的にはありません(安いからちゃんと配らない?高いからちゃんと配る?そんな事はあり得ません)。

勿論、明確な質の高いサービス(弊社に頼めば他社より10%反響が上がりますので単価も平均より高いです等)を提供しくれる業者であれば納得できますが、そのような業者は知りませんのでまずは理由もなく単価が高い会社というのは避けます。因みに単価が安い会社と高い会社の考えられる違いは以下の通り。

 

■ポスティング単価が高い理由

ポスティングで平均単価よりも高いという主な理由は2つ、①利益を多くとっているか②他社に丸投げしている営業がメインと会社③何か特別なサービスがあるという事位しか考えにくいです。

利益を多くとっているというのはその会社の方針ですので良いかと思います。また、営業メインのポスティング会社というのも沢山ありますのでそれも問題ではありません。ただ、他社に丸投げしているという場合は少なくとも自社で配布スタッフを管理する場合よりも当然ながら難しくなります(基本的には下請け業者に管理はお任せ)。

 

■ポスティング単価が安い理由

逆に平均単価よりも安くできるという主な理由は3つ、①ちゃんと撒いていない(捨てている)②複数枚同時配布をしている③自社で配布をしている(中間マージンが発生しない)。という事が考えられます。①は言わずもがなどうしようもない業者です②依頼を受けている複数社からのチラシで配布エリアが同じ場合は一緒に配布する事で単価を落とすというやり方です。

 

2. 多くのお客さんがいる会社を選ぶ

おすすめの業者選びのポイント2は、ある程度多くお客さんがいる業者を選ぶという事です。お客さんが多いということはリピーターの方も少なからず居るわけで、当然ですがある程度反響が見込めるポスティング業者と言えます。でも、どうやってお客さんが多いかを判断するか?

私なら併配を一つの基準にします。併配というのは例えばA社からとB社から配布依頼があり、仮に依頼エリアの一部が同じであればA社とB社のチラシを一緒に配布するというものです。これの逆が単配(必ず1社ずつのみ配布するというもの)。

一見すると、後者の方が良さげですが併配ができるという事はある程度沢山のお客さんが居るという事なのです。お客さんが余り多くなければ併配をしたくとも配布エリアが被ることが必然的に少なくなりますのでできません。また、併配ができるという事は自社で配布している可能性も高い(下請けに併配の依頼は納期管理の面から見て難しい)ので、配布単価が安い場合が多いというのもメリットです。

 

3. 配布の進捗をできるだけマメにくれる

おススメ業者の選び方で最も抑えておきたいポイントでが進捗報告の有無です。配布を依頼したはいいけど配布をしている期間中、何も報告がないというケースもあります。例えば数量が少なく1日で配布完了する場合であれば完了報告だけしかない場合もありますが、配布枚数が多く数週間から1か月程度の期間でポスティングさせて頂くような場合も多々あります。

そのような場合は『配布終わりました』と完了報告だけ頂いても本当に撒いたかどうか疑いたくもなります(私なら疑います)。その間、目に見えて多くの反響があれば良いですが、全然反響も無くて全て配布が終わった後に撒きましたと言われても・・・という話になってしまいます(実際1か月前にどこどこに何枚撒きましたという報告を終わった後にもらったところで何の役にも立ちません)。ですので配布をしている期間はできれば毎日、少なくとも2-3日に1回程度はどのエリアにどれくらい配布が進んでいるのかの進捗報告をくれる業者を私なら選びます。

 

4. 地元の業者を選ぶ

ポスティング業者を選ぶおすすめのポイント最後は、地元の業者を選ぶです。例えばA,B,C県の3県にまたがってポスティング活動をしている業者があったとします。各県にちゃんと営業所を構えているのであれば自社で配布している可能性もありますが、無ければまず間違いなく下請け業者に任せています。下請けがすべてダメという分けではありませんが、少なくとも自社で配布状況を確認できるわけではありませんので確実性は下がります。

仮に塗装業者の場合であれば、下請け業者に任せて家の塗装をさせたとしても元請け業者が後で確認しに行きちゃんと塗れているかの確認はできます。これがポスティングではそうはいきません。後でちゃんと配布されていたかどうかを確認しようにもポスト中身は確認できませんのでポスティングでは随時確認する必要があります。下請けに任せていればほぼ信用するしか方法がありません。仮に3県にまたがってポスティングをしたいという場合は自分なら各エリアにあるポスティング業者複数社に振り分けて依頼しますし、その方が確実性は上がります。

 

5. まとめ

おすすめのポスティング業者の選び方として、「自分なら」という目線で上記4つを上げさせて頂きましたが如何でしたでしょうか?もちろん、使ってみるまでは本当にその業者が良いかどうかは私にも分かりませんが少なくとも上記で振るいにかける事でより確実なポスティングが行えるはずです。もし初めてポスティングをされるのであれば参考にしてみてください。

大阪でのポスティングをお考えなら、どうぞお気軽に他社様とご比較下さいませ。お見積りはこちら

大阪のポスティング部数表はこちら

ポスティング単価表はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る