googlec642ff10071141e2.html

ポスティングの単価のとっても簡単な相場の見極め方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ポスティングの単価を調べると分かりますが結構業者によってその料金はマチマチだったりします。ポスティングが初めてだったりするとどれが妥当な金額なのかちょっと迷ったりしますが実はとっても簡単に見極める方法があります。

1. ポスティングの単価は1時間に配布できる枚数でわかる

ポスティングの単価は貴方の周辺エリアで1時間に配布できる大よその枚数さえわかっていればその業者の金額が妥当かどうか分かります。その為にも一度はごく少量の枚数でも良いので店舗周辺などを自身で配布してみる事をお勧めします。

例えばちょっと1軒屋が多い郊外地であればその配布する人物の慣れ不慣れにもよりますが大体の目安としては1時間で200~250枚位の配布枚数です。仮に業者の単価が@3.0円としますと、仮に全額配布スタッフの給与とすれば時給600円~750円となります。因みにマンションが多い市街地であれば大体400~600枚位が1時間で配布できますので同じく時給は1200円~1800円となります。

当然ながら全社の場合ですと単価としてはとても安いと言えますし、後者であれば少し高いかと感じられるかと思います(実際は営業費用なども掛かってきますので決して高いという程の単価とは言えませんが)。

色々と業者を比べて仮に@4.0円の場合@5.0円の場合と見積もりがあれば1時間当たりの配布枚数を乗じればその業者が妥当な単価かどうかは直ぐに分かります。

 

2. ポスティングの単価はどれくらい種類がある?

2-1. ポスティングする対象物に応じて単価が変わる場合

ポスティングの単価は最も基本の全戸配布がベースになっている事が多いです。全戸配布とはつまり一軒屋や長屋、マンションなどすべての住宅に配布する事を指します。当然ながら飛ばす家が無い(全ての住宅に配布OK)という事であればドンドン順番に配布して行くだけなので単価は安くなります。

これ以外には【戸建限定配布】というものもあります。これはマンションや長屋を配布せずに戸建てのみに配布するというものです。よく塗装業者さんや不動産の売り物件チラシなどでご指定頂きますが、マンションなどに配布ができませんので配布に時間が係る為、ポスティング単価は全戸配布より高くなります。

逆に【マンションのみ配布】というものもあります。これは戸建てや長屋に配布しなくて良いのでマンション密集地(都心部)などでは配布速度早くなるので全戸配布より単価が安くなる場合もありますが郊外地ですとそもそもマンションが少ないので移動時間などもかかる事から全戸配布より高くなる場合も多々あります。

 

1-2. ポスティングする枚数に応じて単価が変わる場合

これは業者によってマチマチですがポスティング依頼を受ける枚数に応じて単価が変わる場合もあります。つまり多くの枚数をご依頼頂くほど安い単価で配布頂けるというものです。これはホームページ上に依頼枚数に応じて単価をそれぞれ掲載している場合(1万部以上の場合は@〇円、5万部以上の場合は@〇円など)もありますが仮にホームページ上には1つの単価しかなくても依頼枚数が多くなれば交渉次第で単価を下げてもらえるケースも多々ありますので、とりあえず業者に値下げが可能かは聞いてみる価値はあります。

 

1-3. ポスティングするエリアによって単価が変わる場合

当然ですが家が密集したマンションが多いエリアと、一つ一つの家が離れたようなエリアをポスティングする場合ですと前者の方が単価は安くなります。これは冒頭でもご説明させて頂いた通り1時間当たりに配布できる枚数によりますので、仮に全社が1時間当たり500枚配布が可能で単価が3円(500x3円=1500円)、後者が1時間当たり100枚しか配布ができず単価が15円(100x15円=1500)としても結局はどちらも同じで後者が割高な業者というワケではありません。ただ、実際ポスティングで単価が15円であれば新聞折込の方が割安ですので他媒体を含めて検討が必要になります。

 

2. 安すぎるポスティング単価は大丈夫なの?

例えば1時間に250枚しか配布ができないエリアでポスティング単価が@3.0円とすると丸々時給としても750円にしかなりません。ポスティングスタッフの時給としても安いですがポスティング業者の利益はゼロとなりますので安すぎる単価と言えますのでちゃんと配布をしてくれるか心配になるかもしれませんが、この様な業者は通常他のチラシ例えば御社A社のチラシとは別にB社のチラシも一緒に配布をすることで単価を下げています。

【えっ?他のチラシと配布するのは嫌】という方はこの様な業者は敬遠すべきですが、単価が高い業者が必ず御社のチラシ1枚だけを配布しているかどうかは分からない場合が多いです(1枚配布ですと言って実は他のチラシも一緒に配布をしているというケース)。

また、1枚で配布をしたとしても実際にはポストには他のチラシが投函されているケースが多いですのでチラシを受けとる側からすると同時にチラシが2枚入ったのか別々に入ったのかは分かりませんので結局のところ単価が安い方が1枚で配布してもらうよりメリットが大きいかと思います。

一番問題なのは単価は安い、且つ【配布は一枚配布か?】と聞いたら1枚配布です。と答えるような業者です。当然ながら同単価では利益が全くでませんのでちゃんと配布してくれるとは思えません。

 

3. まとめ

ポスティングが初めてであればとりあえず1時間でも良いので店舗周辺を配布してみてどれくらいの枚数が配布可能かという事だけでも知っておくとそのポスティング業者の単価が妥当なのか割高なのかが分かりますのでお勧めです。単純に単価が高いから良い業者、安いから良くない業者という事では全くないという事だけは覚えておいて頂ければと思います。

 

大阪でのポスティングをお考えなら、どうぞお気軽に他社様とご比較下さいませ。お見積りはこちら

大阪のポスティング部数表はこちら

ポスティング単価表はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る