googlec642ff10071141e2.html

塗装もチラシのポスティングでガッチリいけます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

様々な業種のチラシを配布させて頂きました塗装のチラシもよく配布させて頂きます。中には4年以上も毎月数万枚を配布させて頂いている塗装会社様もあります。お家の塗装での集客にお悩みの方は是非一度チラシでの営業活動というものも試してみる価値ありです。「もうやったことあるよ~」「うまくいかなかったよ~」という方にもご参考になります。

1. 塗装のチラシは何枚くらい撒けばよいの?

多ければ多い程良いというのは当たり前ですが、いきなり大量に撒いても名前が浸透してない事やチラシのデザインが良くない事などで最初は良い反響が得られないケースが多いですので無駄金になる恐れがあります。まずは1万~2万部を目途に配布してみる事をおすすめします。

理由は塗装のチラシの反響率は(配布するエリアにもよりますが)良くて5000分の1、悪くて1万部の1くらいですので最低でも1万部程度は配布しないとはそのチラシのデザインが良いのかどうかの判断がつきづらいからです。ある程度反響が取れるようになってくれば(5千部の1にちかづきつつあれば枚数をどんどん増やしていきましょう)。

 

2. エリアはどこに撒けばよいの?

配布するエリアは基本的に最初は店舗所在地のある市もしくは近隣で塗り頃の団地があればそのエリアに設定するのも良いです。ただ、近隣から離れるとどうしても反響率は落ちる傾向にありますので基本的に最初の内(名前が浸透していない間)は同市内か隣接市を狙うのが良さそうです。

 

3. どんなチラシデザインにすれば良いの?

チラシ作りで大切なのは『良さそう』に魅せる事につきます。商品であればその物が良さそう、サービスであればその人/会社が良さそうです。今回は塗装ですので売り物は塗料でも塗る道具でもなく職人さん/会社ですので、『この職人さん/会社なら安心そう』と魅せるチラシにするという事です。親方も職人さんも出ていない(チラシに載っていない)チラシではやはり良い反響率は望めませんし、親方の言葉もとても重要です。

塾のチラシなどもよく配布をさせて頂きますがやはり同じで『この先生/この塾良さそう』というチラシは反響率が良いです。一発で正解のチラシを作るという事は恐らくほぼ可能性はゼロかと思いますので多少手直しをしながら作り上げる必要があります。

因みに4年継続して配布して頂いている塗装会社様のチラシは最初の1年は何度か作り直しその後3年はほぼデザインは変更なく同じままで配布しております。

 

4. どれくらいの間隔で撒けばよいの?

名前を浸透させるという意味では最初の3か月などは毎月でも良いかと思いますが、その後は2~3か月に1度位で良いかと思います。毎月ずっと配布していくと時々『毎月毎月同じチラシを入れるな!』とお叱りの電話を頂く事もありますし、費用対効果を高める為にも多少スパンを開けてその分広いエリアに配布した方が効果が高まります。

また、実際にあった話しですが大阪で大きな台風があった際に(2018年)、配布させて頂いている塗装会社様に多くの問い合わせがありました。実際聞いてみますと『何か月か前に投函されていたチラシを持っていた』という声も少なからずありましたので、良さそうなチラシであればもしもの時の為に取ってて頂ける事もあるという事が改めて理解できました。

 

5. チラシのデザインはどれ位の頻度で変える必要があるの?

塗装のチラシで言えば5000分の1あれば十分に良い反響率と言えますのでその反響率が取れているうちは変える必要はないかと思います。逆に1万部の1に近くなれば(もしくはそれ以上に悪い)手直しを行えばよいかと思います。上述の通り4年配布している塗装チラシは最初1年は繰り返し手直しを行いましたがその後は殆ど変更しておりません。あくまでデザインの変更は反響率次第という事でよいかと思います。

これは塗装に限らず不動産などでも同じなのですが、数年に渡って毎月配布をさせて頂いているある不動産会社様のチラシも基本的に毎月全く同じデザインです。下手に替えて反響率が下がるという事も十分にあり得ますので注意が必要です。

 

6. 塗装のチラシのサイズはどれがベスト?

ポスティングで使われるチラシのサイズは基本的にA4/A3、B5/B4の4パターンが殆どです。A4はA3の半分のサイズ、B5はB4の半分のサイズです。A4は一般的なコピー用紙のサイズ、B5は大学ノートのサイズです。

塗装でのチラシサイズですが基本的にA4かB5をお勧めします。理由はA3やB4になるとポスティングをする際にそのままではポストに入りませんので『チラシを半分に折る』という事が必要になります。チラシを半分に折るのはかなりコストもかかりますし、ポスティング代や印刷代も高くなります。毎月継続的にチラシを配布して集客を得ることをお考えであればこのコストアップはかなり大きいですのでチラシデザインの際に十分に費用対効果を確認する事をお勧めします。

 

7. まとめ

チラシでの塗装営業は非常に有効なのですがまだそこまで多くない(もしくは少しやって挫折している方が多い?)印象です。是非元請け受注を増やしていこうとお考えであればとっても良い集客ツールになりますのでお試しくださいませ。

大阪のポスティング部数表はこちら

ポスティング単価表はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る