googlec642ff10071141e2.html

自転車でのポスティングは歩きより遅いのでメリット無し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ポスティングのご応募を頂く際に初めてポスティングをされる方からはよく「ポスティングは自転車でもできるんですか?」と聞かれますが基本的にポスティングは歩きもしくはバイクとなり、自転車でのポスティングは勿論不可能ではありませんがメリットがほぼゼロです。

 

1. 自転車でのポスティングができない理由

よく郵便屋さんや宅急便の方などはバイクや自転車で配達をされておりますのでポスティングも同じで自転車でもバイクでもできるのだろう、と思われがちですが結論から言うとバイクではできますが自転車ではできません。

宅配業者さんがメール便などを自転車で配達できる(自転車で配達するメリットがある)のはポスティングと比べて量が圧倒的に少ないからです。メール便などはポスティングのチラシと比べると厚みがあり、100通程度でも前かご一杯になるほどです。また配達する先もせいぜい数十件に1件程度です。つまりかなり重さがあり且つ配達先から次の配達先まで距離がある場合もあるので自転車での移動が有効となります。

一方でポスティングは基本的に全ての住宅に配布する場合が殆どですので一軒ずつ回っていく必要があり移動手段としての自転車は有効ではありません。勿論、自転車に乗りながら全てのポストにチラシの投函ができれば座りながらポスティングができますので多少なりとも楽でよいのですが、残念ながらポストは玄関前にある場合ばかりでなく道路から奥まったとこに設置されている場合も多く、自転車に乗っているとその都度降りて配布をする必要がありますのでかえって面倒です。

 

2. 自転車でポスティングをするメリットがある場合

基本的に町中でポスティングをする場合は自転車は全く不向きですが、一軒一軒が離れているエリアなどでの配布でしたら多少なりともメリットはあります。

但し、軒数が少ないという事は収入が減るという事になりますのでよほど配布単価が高い場合でないと自転車でポスティングができるのは良いけども実入りが少ないという現実に直面します。

 

3. バイクならポスティングは可能

因みにですが自転車でポスティングは無理ですがバイク(サイドスタンド付き)であればポスティングは出来ます(向いています)。バイクも自転車も同じではないか?と思われるかもしれないのですが全く違います。

ポスティングは宅配業と違ってポストが届かいない場合などは一旦自転車・バイクから降りる必要があります。自転車は駐輪する際は一旦自転車から降りて後輪を持ち上げて停めるという動作が必要ですが、バイクは基本的にサイドスタンドを下ろせば直ぐに停車ができます。よく郵便屋さんなどでも見かけますがサイドスタンドを下ろしてポストに郵便を入れてまた出発。この動作がバイクでは可能です。

じゃ、自転車にもサイドスタンドをつければ良い話では?と思われるかもしれませんが残念ながらそうはいきません。自転車はエンジンもありませんので基本的にとても軽量です。前かごにチラシを入れたままサイドスタンドで停めようとすれば必ずバランスを崩して自転車は倒れてしまうからです。

 

4. まとめ

以上の事からポスティングは歩きもしくはバイクで自転車は相当不向きとなります。仮にポスティングスタッフのお申込みで「以前は自転車でポスティングをしていました」というような方はちゃんと配布をされていた方なのか正直信用しがたいです。

大阪のポスティング部数表はこちら

ポスティング単価表はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る