googlec642ff10071141e2.html

「チラシの効果が少ないな?」と感じたら業者を見直そう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

大阪でポスティングをさせて頂いておりますフィールドと申します。それほど大きな規模のポスティング業者ではございませんが、地元に特化して毎月チラシをポスティングさせて頂いております。

さて、ポスティングをお客様の集客方法としてご利用されている方も多いと思いますが、もしも「あれ?思ったほどチラシの効果が無いな?」と思われたら、チラシのデザインやタイミングもチラシの効果に大きく寄与しますが、ポスティング業者の見直しも考える事をお勧めします。

1. チラシの効果はデザインとタイミングと業者できまる!

チラシの効果というのは基本的に3つで決まります。1つ目はデザイン。チラシの見栄えや中身の作りです。毎月100種類近いチラシを拝見しますが、やはり「パッと目に付く印象的なチラシ」もあれば「少し見づらいチラシ」もあります。特にポスティングでチラシを配布すると見てもらえるのは1秒程度ですのでその短い間でインパクトを与えられる印象的なデザインの方がチラシの効果が高くなります。

チラシの効果を決める2つ目はタイミングです。弊社で配布をしていて最も顕著に表れるのが塾やフィットネスなどの習い事です。習い事はやはり4月が新しいタイミングですので2月や3月には同業種のチラシのポスティングをさせて頂く事が非常に多くなります。仮に1年を通しての配布量を10とすると4-5割を2-3月で配布するというイメージです。理由は簡単で、「ベストのタイミング」だからです。これを仮に4月や5月に配布してもチラシの効果は半減どころか1/3位になってしまいます。塾に限らず塗装(春・秋)、住宅(2-3月)、飲食(忘年会や卒業シーズン等)など殆どの業種でベストシーズンと通常シーズンでのチラシ効果の違いに現れますのでポスティングをするタイミングというのは重要です。

下記グラフは月別の不動産の成約件数です。1月と3月を比較すると約50%も成約件数が異なります。チラシの効果を高めるには需要の高い月に配布した方が効果的です。(財団法人不動産流通推進センター参照)

チラシの効果に関わる3つ目は「ポスティング業者」です。チラシを配布する際に自社で配布する場合と、時間やスタッフが無く、チラシの配布をポスティング業者に委託される場合があると思いますが、ポスティング業者にも色々あり自社で配布を行う会社もあれば、営業主体で配布は下請け業者に任せる会社もあります。営業主体がダメという事ではありませんが、ポスティングで最も重要な配布スタッフの管理については自社スタッフで無い分、目が届きにくくなるといいうのはあります。チラシの効果を最大限生かすにはスタッフの管理ができているポスティング業者を選ぶことが最も重要です。

 

2. チラシの効果が高いポスティング業者の判断基準は?

チラシの効果を最大限にするために、良い業者を探すという事は恐らくポスティング業者を何社か利用された方はご存知かと思います。初めてポスティング業者を利用される方には知っておいて頂きたいですが、業者により反響率がかなり変わる事もあり得ます。

少し情けない話しですが、弊社に初めて問い合わせを頂く方の中にも「お宅はちゃんと配布してくれるのか?」というような問合せも少なからずあります。聞くと以前使った業者はちゃんと撒いていなかったと思うとの事。勿論、配布漏れなどが起きる事もありますので一概には言えませんが過去の反響率と比べて著しく落ちたというような場合は業者の変更も即座に検討すべきです。

 

2-1. 通常のチラシの効果を知っておこう!

もしチラシを初めてポスティングされる場合は業者に頼む前に、そのチラシの効果がどれほどなのかを知っておいた方が良いです。少々面倒ですが、自社で配布できるときは一度自社で配布してみて反響率を知っておくことでポスティング業者に依頼した時との比較ができます。また、そんな時間は無い!という方は少なくとも同業他社の反響率を調べておおよそどれくらいの反響率かは知っておくべきでしょう。

 

2-2. 配布の報告はできれば毎日もらおう!

チラシの配布をポスティング業者に依頼すると業者からは「〇〇へ〇枚撒きました」というような進捗報告書が送られてくることが多いです。問題はその頻度ですがA社は1週間に一度、B社は毎日など業者によってマチマチです。ハッキリ言って進捗報告は業者側からの立場から言うと中々面倒な作業ですので極力少なくしたいのはヤマヤマですが、仮に1週間に1度で「1週間前にどこそこに〇枚撒きました」という報告をもらっても受け手(お客様)の立場としては何の参考にもなりませんし、チラシの反響が少ないと感じた時に配布されているかどうかのチェックもできませんので、進捗表はやはりできる限り毎日もらった方が良いです。

 

3. 複数のポスティング業者でチラシの効果を比べよう

ピザのチラシなどは大阪だけでも月に数十万~百万枚ほど配布されたりします。弊社でも配布させて頂いたりしまうがやはり複数のポスティング業者を複数社に分散して使い分けていらっしゃいます。会社によっては先月はどの町から何件反響があったという事までお知らせメールを頂く場合もあります。これはポスティング業者に反響率をいつもチェックしているというプレッシャーを与える意味でもとっても良いですし、何よりポスティング業者ごとの反響が明確でチラシの効果を最大限に保つことに役立ちます。

「うちは月に何十万枚も配布しないから・・・」と思われるかもしれませんが、そんな事はありません。仮に1万部としても半分の5千部ずつにわけてポスティング業者2社に依頼して反響を比較する事も可能です(5千部以下ですとお請けしないポスティング業者もありますので事前に確認しましょう)。ずっと2社で使い分けるのは面倒という場合はある程度反響率が分かってくれば1社に絞ればよいのです。

 

4. まとめ

チラシを初めて配布する場合は会社の知名度やチラシデザインの出来具合、配布したエリアもしくは配布する枚数が少なすぎたというような要因でチラシの効果が全然無いという事もありますがポスティングの業者の問題という事も否めませんので以上のポイントを再度改善し配布に努めて頂けると必ず少しずつチラシの効果は上がってきます(事実、チラシで毎月集客されているお客様も多数いらっしゃいます)。お客様の良い集客ツールの一つになりますことを心より願っております。

大阪のポスティング部数表はこちら

ポスティング単価表はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る