googlec642ff10071141e2.html

生野区でポスティングするならより効果的なエリアはココ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

大阪市生野区でポスティングをする際にどこに配布すれば最も効果的なのか悩むところ。あらゆる世代の方に受け入れられる商品やサービスであればどこに撒いても良い反響が得られるかもしれませんが殆どの場合は核となるターゲット層というのは変わってきます。そこで、生野区ならどこにより自社のターゲット層が多いのかがわかるように以下絞ってみましたのでご参考下さいませ。

【大阪市生野区の基本データ】

人口総数 世帯数 0-4歳 5-9歳 10-14歳 15-19歳 20-29歳 30-39歳
 130,167  63,622  3,802  3,819  4,361  5,456  14,901  14,676
40-49歳 50-59歳 60-69歳 70-74歳 80-89歳 90-99歳 100歳以上
 17,718  15,509  19,148  17,679  10,056  2,178  86

1. 不動産購入対象など20~44歳の人口が多いエリア

上図は住宅の購入という観点で考えて20歳~44歳までの方の住居比率が高いエリアを抽出してみました(勿論、同世代をターゲットにされている業種は他にも沢山あるかと思います)。オレンジや赤に近い色ほど20~44歳の世代の住居比率が高く逆に青に近い色ほど同年代の住居比率が低いという事を表しております。

今里駅、北巽駅周辺で同世代の住居比率が高くなっているのがわかります。一方で西側については同世代比率が低くなっておりターゲットとしては低順位となるかと思います。下図は同世代の住居比率が高い上位エリアを抜粋しましたものとなります。左から町名、カッコ内は丁目、20~24歳、25~29歳、30~34歳、35~39歳、40~44歳の人口、同丁の総人口、20~44歳の総人口、そして最後が同丁に住んでいる総人口に対する20~44歳の人口の比率となります。新今里や巽の周辺が比率が高く人口も多くなっているのがわかりますので同世代向けのポスティングするエリアとしては最適となります。生野区の全エリアのエクセルデータはこちら⇒生野区20~44歳の住居比率データ

町丁目名 20-24歳 25-29歳 30-34歳 35-39歳 40-44歳 人口総数 20-44歳合計 比率
新今里(3) 359 362 197 176 176 2,894 1,270 44
中川(1) 56 110 73 54 66 853 359 42
新今里(2) 105 152 85 67 71 1,180 480 41
巽東(3) 68 98 134 164 174 1,547 638 41
巽北(4) 86 105 118 106 115 1,328 530 40
新今里(4) 126 128 99 95 110 1,460 558 38
巽西(3) 67 104 104 114 105 1,329 494 37
鶴橋(1) 100 115 79 71 68 1,200 433 36
新今里(1) 117 172 117 88 113 1,699 607 36
新今里(6) 71 99 78 69 80 1,113 397 36
中川東(1) 70 48 62 80 86 978 346 35
新今里(5) 145 127 106 88 101 1,613 567 35
巽南(5) 96 134 169 127 175 2,005 701 35
巽中(2) 128 134 165 181 164 2,303 772 34
巽南(4) 18 40 37 35 35 487 165 34
巽北(3) 80 131 123 146 145 1,817 625 34
舎利寺(1) 61 69 66 82 96 1,148 374 33
巽西(2) 63 49 68 77 74 1,009 331 33
巽東(4) 107 89 87 120 146 1,641 549 33
巽南(1) 110 88 96 116 150 1,709 560 33
生野西(1) 125 117 103 111 151 1,901 607 32
林寺(2) 100 126 129 94 152 1,872 601 32
中川(2) 79 80 82 114 153 1,597 508 32
中川西(1) 112 135 112 112 109 1,795 580 32

 

2. 整体・介護など向け60歳以上の人口が多いエリア

上図のエリア図は同じく生野区における60歳以上の住居比率図となります。赤色に近いほど同世代が多く住んでいるエリア、青色が少ないという事になります。西部が比較的住居比率が高くなっており北部もほぼ平均的となっています。同世代のターゲットエリアとしては西部・北部から狙っていくのがより効率的と言えます。

下図は同世代の方が住まわれている比率が高い上位エリアを町丁別にてピックアップしたものになります。勝山町、生野町、林寺といったところが高い住居比率となっています。生野区全域のデータはこちら⇒生野区60歳以上の住居比率データ

町丁目名 60-64歳 65-69歳 70-74歳 75-79歳 80-84歳 85-89歳 90-94歳 95-99歳 100歳以上 60歳以上合計 比率
林寺(1) 21 41 56 54 67 53 44 18 6 360 62
林寺(3) 86 93 91 101 64 58 27 12 4 536 52
生野東(4) 70 114 134 96 96 41 16 2 0 569 50
小路東(5) 89 117 93 103 86 51 13 3 0 555 50
勝山北(5) 163 201 180 159 99 77 41 8 0 928 48
生野西(3) 99 113 121 116 95 56 27 8 1 636 48
勝山南(1) 87 159 156 133 120 75 46 13 2 791 47
生野東(2) 84 108 70 74 76 49 18 7 0 486 47
林寺(4) 98 104 128 113 113 78 57 18 1 710 47
田島(4) 137 152 133 143 92 54 26 5 1 743 46
勝山北(2) 112 183 143 135 115 66 37 7 0 798 45
勝山南(2) 42 44 41 43 32 28 9 3 0 242 45
勝山南(3) 64 93 87 64 70 28 15 1 0 422 45
勝山南(4) 75 77 77 81 73 57 38 11 5 494 45
林寺(5) 79 98 95 86 81 49 22 4 1 515 45
生野西(4) 142 194 167 128 135 63 29 6 1 865 44
生野東(1) 102 153 128 115 87 47 16 5 1 654 44
舎利寺(2) 118 146 144 129 94 45 21 9 2 708 44
林寺(6) 61 58 60 41 49 35 10 3 0 317 44
鶴橋(2) 77 115 95 97 73 57 21 6 0 541 43
桃谷(3) 140 150 140 132 116 59 26 3 1 767 43
田島(2) 118 137 127 121 56 42 15 8 2 626 43
中川(6) 57 83 76 33 49 30 6 3 0 337 43
巽中(1) 103 164 168 141 116 68 55 26 9 850 43

3. 塾や習い事など向け5~19歳の人口が多いエリア

次は塾や習い事などでのポスティング対象となる小学校から高校生位5~19歳の人口を対象としたエリアとなっております。同世代については東部、とりわけ南東部に集中しているのがわかります。以下は生野区全域にて5~19歳の住まわれている比率の高い町丁別エリアをピックアップしたものとなります。巽東、中、南と巽エリアが上位に集中しているのがわかります。同世代へのアプローチをするのであれば外せないエリアと言えます。生野区の全域データはこちら⇒生野区5~19歳の住居比率データ

町丁目名 5-9歳 10-14歳 15-19歳 人口総数 5-19歳合計 比率
巽東(3) 118 105 73 1,547 296 19
中川(2) 83 95 95 1,597 273 17
巽東(4) 90 96 91 1,641 277 17
舎利寺(1) 62 72 53 1,148 187 16
巽西(2) 57 55 47 1,009 159 16
巽南(4) 37 23 16 487 76 16
巽西(3) 74 61 68 1,329 203 15
巽南(1) 68 84 109 1,709 261 15
巽中(2) 91 101 119 2,303 311 14
巽中(3) 74 74 111 1,890 259 14
巽東(2) 110 116 142 2,585 368 14
巽北(2) 65 98 122 1,969 285 14
鶴橋(5) 41 60 76 1,378 177 13
勝山北(4) 51 54 74 1,401 179 13
舎利寺(3) 34 58 52 1,146 144 13
中川東(1) 44 37 48 978 129 13
巽中(4) 55 83 72 1,568 210 13
巽西(4) 44 67 68 1,387 179 13
巽南(2) 30 43 39 882 112 13
巽北(1) 88 99 125 2,334 312 13
林寺(5) 39 47 53 1,150 139 12
田島(1) 65 76 75 1,784 216 12
中川(3) 28 29 47 870 104 12
中川(4) 42 60 50 1,226 152 12

4. まとめ

大阪市生野区については比較的顕著に真ん中を中心に西部に比較的高齢世代、東部とりわけ南部に若い世代と分かれているのがわかります。ターゲットを絞り込んでより効率的にポスティングを行いやすいエリアという事が言えます。ポスティングの効率化のみならず店舗出店をこれから計画されるのであればそれにもお役に立てるのではないかと思います。是非より効果的な集客にお役立て下さい。ポスティングをお考えの際、自社周辺のエリアでどれくらいの枚数が配布できるのかについては市区丁別にて配布可能枚数を表記させて頂いておりますので部数表をご参照下さい。

 

※現在のポスティング対応エリア:

◆大阪府下:東大阪市・柏原市・藤井寺市・羽曳野市・八尾市・松原市・大阪狭山市・大東市・門真市・守口市

◆大阪市:平野区・住吉区・東住吉区・生野区・阿倍野区・天王寺区・西成区・住之江区・東成区・城東区・鶴見区

◆堺市:北区・堺区・東区・中区・西区・南区・美原区、その他の大阪エリアでのポスティングもお気軽にお問合せ下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る