googlec642ff10071141e2.html

大正区でポスティングをするなら効果的なエリアはココ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

大阪市大正区でポスティングをする際にどこに配布すれば最も効果的なのか悩むところ。あらゆる世代の方に受け入れられる商品やサービスであればどこに撒いても良い反響が得られるかもしれませんが殆どの場合は核となるターゲット層というのは変わってきます。そこで、大正区ならどこにより自社のターゲット層が多いのかがわかるように以下絞ってみましたのでご参考下さいませ。

【大正区の基本データ】

人口総数 世帯数 0-4歳 5-9歳 10-14歳 15-19歳 20-29歳 30-39歳
 65,141  29,209  2,136  2,405  2,751  3,023  6,116  7,066
40-49歳 50-59歳 60-69歳 70-79歳 80-89歳 90-99歳 100歳以上
 9,483  7,821  10,317  8,727  4,272  847  28

 

1. 不動産購入対象など20~44歳の人口が多いエリア

上図は住宅の購入という観点で考えて20歳~44歳までの方の住居比率が高いエリアを抽出してみました(勿論、同世代をターゲットにされている業種は他にも沢山あるかと思います)。グリーンが平均的、オレンジや赤に近い色ほど20~44歳の世代の住居比率が高く逆に青に近い色ほど同年代の住居比率が低いという事を表しております。

同世代の特徴の一つですが基本的に電車駅もしくは沿線周辺に住居比率が高くなるという傾向がほとんどのエリアで見受けられます。大正区も同じく駅が近い北部エリアに集中しているのが分かります。下図は同世代の住居比率が高い上位エリアを抜粋しましたものとなります。左から町名、カッコ内は丁目、20~24歳、25~29歳、30~34歳、35~39歳、40~44歳の人口、同丁の総人口、20~44歳の総人口、そして最後が同丁に住んでいる総人口に対する20~44歳の人口の比率となります。三軒屋東1丁目、泉尾1丁目などは人口も多く比率も高いのが分かりますので優先したいエリアと言えます。大正区の全エリアのエクセルデータはこちら⇒大正区20~44歳の住居比率データ

町丁目名 20-24歳 25-29歳 30-34歳 35-39歳 40-44歳 人口総数 20-44歳合計 比率
 三軒家東(3)  8 10 1 2 5  66 26 39
 三軒家東(1)  183 232 248 262 287  3,195 1,212 38
三軒家東(4) 82 83 119 93 94 1,250 471 38
平尾(1) 53 59 40 69 59 739 280 38
泉尾(3) 89 125 171 148 138 1,880 671 36
北恩加島(2) 5 9 13 10 10 130 47 36
三軒家西(3) 67 85 72 68 71 1,036 363 35
南恩加島(4) 12 14 9 7 18 183 60 33
千島(1) 127 118 105 188 326 2,820 864 31
南恩加島(1) 47 43 31 45 62 741 228 31
三軒家東(2) 63 60 92 134 225 1,923 574 30
三軒家東(6) 57 53 69 67 62 1,028 308 30
泉尾(5) 87 73 91 121 164 1,801 536 30
千島(3) 67 103 77 114 129 1,659 490 30
鶴町(2) 60 118 111 118 153 1,889 560 30
三軒家西(1) 60 88 106 100 105 1,560 459 29
三軒家西(2) 82 68 71 57 91 1,269 369 29
泉尾(1) 187 202 227 236 309 3,969 1,161 29
泉尾(4) 110 98 83 73 127 1,666 491 29

 

2. 整体・介護など向け60歳以上の人口が多いエリア

上図のエリア図は同じく大正区における60歳以上の住居比率図となります。赤色に近いほど同世代が多く住んでいるエリア、青色が少ないという事になります。先ほどと違い中部に比較的高い比率で集中しているのが分かります。以下は大正区全域にて60歳以上の住まわれている比率の高い町丁別エリアをピックアップしたものとなります。鶴町4丁目や北村3丁目泉尾7丁目などが人口も多く比率も高いのが分かります。同世代については中部から北部、最後に南部エリアをターゲットとした方が効率的と言えます。大正区全域のデータはこちら⇒大正区60歳以上の住居比率データ

町丁目名 60-64歳 65-69歳 70-74歳 75-79歳 80-84歳 85-89歳 90-94歳 95-99歳 100歳以上 60歳以上合計 比率
泉尾(6) 1 3 2 8 3 0 0 0 0 17 65
鶴町(4) 128 208 251 229 141 62 16 3 1 1,039 59
北村(3) 132 183 162 113 87 79 68 30 7 861 56
南恩加島(5) 27 51 48 36 35 36 24 7 4 268 51
北恩加島(1) 122 177 160 123 82 32 18 1 4 719 46
小林東(2) 148 215 191 151 94 48 18 6 0 871 46
小林西(1) 44 57 42 31 33 24 14 4 1 250 46
泉尾(7) 187 293 269 208 124 67 9 4 0 1,161 44
平尾(4) 142 169 167 149 83 54 13 3 0 780 44
千島(2) 309 374 291 207 135 59 19 6 0 1,400 43
泉尾(2) 137 151 149 119 105 56 43 15 0 775 42
小林東(1) 2 1 6 2 2 2 0 0 0 15 41
小林西(2) 90 118 79 69 49 19 14 2 0 440 41
鶴町(1) 158 169 166 152 84 39 20 2 1 791 41
三軒家西(2) 95 122 96 73 63 27 21 4 1 502 40
北村(2) 101 128 87 67 55 21 9 1 0 469 40
鶴町(3) 146 178 187 148 124 65 18 2 0 868 39
三軒家西(1) 121 143 103 104 70 34 18 7 0 600 38
北村(1) 82 113 71 58 54 21 6 0 0 405 38

 

3. 塾や習い事など向け5~19歳の人口が多いエリア

次は塾や習い事などでのポスティング対象となる小学校から高校生位5~19歳の人口を対象としたエリアとなっております。同世代についてはかなり明確に東部に集中しているのが分かります。東部を攻め、北部最後に南部というのが効果的かと思われます。以下は大正区全域にて5~19歳の住まわれている比率の高い町丁別エリアをピックアップしたものとなります。千島1丁目や三軒屋東2丁目などが住居比率も高く且つ人口も多いエリアとなっています。大正区の全域データはこちら⇒大正区5~19歳の住居比率データ

町丁目名 5-9歳 10-14歳 15-19歳 人口総数 5-19歳合計 比率
北恩加島(2) 10 4 13 130 27 21
千島(1) 177 221 152 2,820 550 20
三軒家東(2) 126 127 108 1,923 361 19
泉尾(5) 120 120 82 1,801 322 18
南恩加島(2) 61 53 67 1,147 181 16
南恩加島(3) 63 110 137 1,890 310 16
三軒家東(5) 54 54 104 1,397 212 15
平尾(1) 33 35 46 739 114 15
平尾(3) 60 65 79 1,367 204 15
南恩加島(1) 17 42 52 741 111 15
小林東(2) 70 86 99 1,887 255 14
小林東(3) 58 76 96 1,675 230 14
平尾(2) 58 61 77 1,433 196 14
鶴町(3) 78 111 121 2,223 310 14
三軒家東(4) 65 51 47 1,250 163 13
泉尾(2) 61 109 78 1,855 248 13
泉尾(3) 97 84 70 1,880 251 13
平尾(5) 40 39 66 1,148 145 13
南恩加島(4) 12 8 4 183 24 13

 

 

4. まとめ

大正区は比較的分かりやすく世代ごとの住居エリアが分かれておりますのでターゲットエリアは絞り込みしやすいと言えます。ポスティングの効率化のみならず店舗出店をこれから計画されるのであればそれにもお役に立てるのではないかと思います。是非より効果的な集客にお役立て下さい。ポスティングをお考えの際、自社周辺のエリアでどれくらいの枚数が配布できるのかについては市区丁別にて配布可能枚数を表記させて頂いておりますので部数表をご参照下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る