失敗回避!ポスティングの依頼時に絶対知っておくべき点4選

ポスティングを初めて依頼する際はポスティングなんてどこも一緒でしょ?と思うかもしれませんが、費用以外にも、配布する対象も期間も配布する枚数もポスティング業者によって結構違います。依頼した後に、『えっ?』とならない為にもこれだけは確認しておいた方が良い点をご紹介します。

ポスティング依頼時に絶対聞いておいた方が良い事

ポスティングなんて依頼したチラシを撒いてもらうだけだから費用だけ見れば大体一緒と思うかもしれません。ただ、A社で見積りとって内容も聞いたからB社も大体同じ内容だろうと安いB社に依頼したら配布期間や配布対象が全然違ったという事も十分あり得ます。ポスティングでは費用については見積りを見れば100%違いが分かりますが中身については見落としがちとなりますので特に注意が必要です。

ポスティングの費用については『ポスティングの費用をできる限り抑える方法』をご参考下さい。

ポスティングする対象

ポスティングする対象は業者によって2パターンに分かれます。1つは住宅のみへの配布、もう1つは住宅+事業所への配布です。依頼する際に事業所にも入るだろうと思い込んでいたものの蓋を開ければ住宅のみという事もあり得ますので必ず確認が必要です。

ポスティングする期間

配布期間も業者によってかなり差があります。仮に1万部のポスティング依頼をした場合にA社は3日だったのに対してB社は2週間という事もザラにあります。配布期間の差はかなり業者によって違いますのでご注意下さい。週末にイベントに向けて3日間もあればポスティング可能だろうと計画してると全く間に合わないという事もありえます。

ポスティングする割合

ポスティングする割合というのはカバー率となります。例えばA町に配布したいとなった場合に100世帯あるとします。A社は60枚を配布しますがB社は90枚配布しますといった具合でポスティング業者によって世帯数の何%をカバーするかが決まっています。

配布禁止のマンションなどもあるので世帯数の100%配布する事は不可能ですが禁止マンションが少ないエリアであれば90%程度配布できるケースもあります。仮にそで60%の配布であれば場合によってはマンションばかりの投函で戸建てには殆ど投函されていないというような事にもなり得ます。

カバー率は聞けば当然教えてもらえるかと思いますので最低でも80%以上カバーされている業者を選ぶのがおすすめと言えます。

ポスティングの報告

ポスティングの報告についても業者によってマチマチです。配布の開始報告もなく終わりましたという報告のみという場合もあります。一方で配布期間中は逐一報告をくれる業者もいます。最低限いつから開始でいつ頃配布が完了するのかは確認しておく必要があります。開始の報告もなく終わりましたという報告だけで仮に反響もなければ信用のしようもありませんので、出来る限り豆に報告がもらえる業者を選ぶ事をお勧めします。

まとめ

ポスティングは業者によってかなり内容が違ってきますので絶対に確認した方が良い最低限の事を明記してみました。ただ、本当に初めてのポスティングであれば1社に絞らずに2-3社で反響率を比較してみるのが最も確実で良い方法です。別に他社にいう必要はありません、自社で1万ずつを依頼して最も反響の良い業者を見つけていくというのがベストです。

大阪中南部でのポスティングならどうぞお任せ下さい。地図から配布したい町名をお選び頂くだけで料金・配布部数が簡単にわかるお見積りシミュレーションはこちら。