ポスティング禁止のポストに入れてしまった場合は

ポスティングで最も注意が必要なケースは『チラシ禁止』などポスティングを厳禁されているポストに入れない事です。勿論、注意深くポストに『配布禁止』の文言がないか確認しながら配布をするのですが一日に何千件も配布しているとやや注意力が散漫になってしまったり、『配布禁止』の文言がポストではなく玄関ドアや門扉などに明記してあり見落としてしまうケースもあります。

もし、間違って『配布お断り』などとチラシ拒否のお宅にポスティングしてしまった場合は当然ながら即座にベルを押してその旨を伝え謝罪する事が大切です。ただお昼時のポスティングですと不在の場合もありますので、その場合はメモ用紙などに見落としにより間違って投函してしまった旨及び謝罪を述べて投函しておくことをお勧めします。