雨とポスティングと期日

ポスティングはどうしても天候に左右される部分があり、特に雨の影響は非常に大きく影響を受けます。かといってチラシにはキャンペーンなどで期日がきっちりと決まっているものもありますので毎日天気予報とにらめっこしながらの期日管理がとても重要となります。

雨の日のポスティング

雨の日もポスティングが通常通りにできれば良いのですが、チラシ=紙=雨が天敵ですのでどうしようもありません。傘をさせば雨でもチラシを濡れずに『持ち歩く』事はできますが基本的にポスティングでは片手にチラシを持ちもう片方の手で投函しますので傘を持ってポスティングをするという事は非常に難しい(できても非常に時間がかかる)です。また、ポストの投函口付近も雨の日は結構濡れていますのでチラシを投函する際にその水滴に当たりどうしても濡れてしまいますので戸建ての配布は困難です。ただマンションはポストが屋内にある事が殆どですので天気予報を見ながらその日が仮に午後から雨であれば午前中は戸建ての配布に集中し雨が降り出せばマンションを配布という形で常に天気予報を確認しながら雨と上手に付き合って期日管理をしていく必要があります。

梅雨時期のポスティング

通常期はせいぜい週に1-2日程度が雨の日となる事が多いですが、梅雨時期は週に4-5日雨という事も出てきます。終日雨という事は少なく降ったりやんだりという事も多いので合間を見てポスティングをしていく事になりますので効率性が落ち梅雨時期は配布期間が通常より多少長くなることもしばしばあります。市街地であればマンションが多く雨の日でも配布がある程度行えますので配布期間もそこまで大きな違いは出てきませんがマンションが少ない(雨の日の配布が困難な)郊外エリアでの配布となると雨の影響が大きくなりますので、期日ギリギリのイベントチラシ等であれば間に合わない可能性も出てきますのでポスティング業者に配布を依頼するのであれば多少余裕をもってポスティングの依頼をしておく事をお勧めします。

その他、ポスティングのやり方・相場・注意点などはポスティングのコツをご参考下さい。