ポスティングのお見積りはサイズとエリアと部数で決まります

ポスティングのお見積りは基本的に、配布を依頼するチラシの部数と、チラシのサイズ及び配布するエリアの3つで決まります。チラシのサイズは小さいほど安く、配布するエリアは住宅密集地ほど安くなります。チラシのご依頼部数は多くても少なくても同じという場合と多いほど安くなる場合があります。

チラシのサイズ

チラシのサイズは小さい程安いですが余り小さすぎてもチラシの受け手が見づらくなってしまいますので、一般的にはB5サイズかA4サイズが多くなります。気を付けなければいけないのはB4以上のサイズになるとポストにそのままでは入らずポスティングが行えませんので半分に折る必要があります。単純な事ですが折り代が発生しこれが結構なコストとなりますので一気に見積り金額が高くなってしまいますので注意が必要です。

チラシの部数とエリア

一般的には店舗に近いほどチラシの反響は高くなりますのでポスティングを行う場合は店舗の周辺エリアに配布する事が殆どです。配布したいエリアはA町B町C町で決まっているが配布できる部数が分からない場合はポスティング会社がリストを持っているのでそれで計算して配布部数を割り出します。

因みにポスティングの部数は各ポスティング業者が世帯数x〇%と決めておりそのパーセンテージは各社で結構開きがあります(低くて60%、高くて90%位が多い)。例えばA町に100世帯ある場合はA社では60枚配布、B社では70枚、C社では80枚などという具合です。より密度の濃い配布(店舗周辺のできるだけ多くの世帯に漏れなく配布したい)を希望するならばC社を選択する必要があります。同設定%はHPなどに記載されている場合が多く、お見積りの際に聞けば教えてもらえるので確認しましょう。

地図から配布したいエリアを選ぶだけ

最近ではポスティングのお見積りの際は配布をしたいエリアを町名で選ぶだけで簡単に料金がわかる見積りシミュレーションを導入しているケースも多く見受けられます。チラシサイズを選択して配布したい町名をクリックしていけば料金がわかりますので店舗からどの距離までならいくらかかるかがスグにわかります。弊社でもこちらのお見積りシミュレーションより大阪の一部エリア(水色のエリアが配布可能エリア)となりますが対応しておりますのでよろしければご利用下さい。因みに弊社では世帯数x85%が配布可能部数となっております。